葉酸の豆知識:葉酸を効率的に取る方法

 

娠すると葉酸を必ず摂取するように勧められるほど人の体にとって重要な役割を果たす成分で赤ちゃんの成長にも大切ですが、子供から大人までだれでも必要な栄養素で不足すると悪性の貧血を起こす場合もあり妊娠していなくても体内に取り入れることが必要不可欠です。

 

葉酸はビタミンB群の一種で水溶性ビタミンです。
体に入るとDNAやRNAなどの遺伝物質の合成に必要な栄養素で他にも赤血球の合成、そして口内や皮膚粘膜の強化が期待できます。

 

また、グリシンやセリン・メチオニンなどのアミノ酸の合成、たんぱく質の生成と促進の作用もあります。

 

植物に多く含まれる葉酸は、モロヘイヤやほうれん草・ブロッコリー・グリーンアスパラガスなどに豊富ですから
普段の食事で食べるようにしたいですが、水溶性ビタミンのため調理により約50%ほど失われてしまいます。

 

調理しない食べ物だと緑茶やキウイフルーツから効率的に取ることができますが
より簡単で効率的に摂取することを考えるとサプリメントの利用で取り入れやすくなります。

 

吸収のしやすさや体のバランスを考え他の栄養素もプラスされているものが多く
薬局などで購入するときには薬剤師から説明を受けると良いです。

 

 

妊娠・出産を無事に迎えるための葉酸摂取

 

妊娠初期から母親を悩ませるつわりや精神的な不安定さを改善するために、葉酸を摂取するという方法が取り入れられています。

 

子供の夜泣きを防止するためにも利用される葉酸。その秘密は毎日の生活で不足しがちな栄養素であるという点が共通しています。

 

特に妊娠中は子供に栄養が取られてしまうため、必然的に葉酸が不足します。あまりにも不足が続いてしまうと、悪性の貧血を起こすことがあります。子供を授かっている場合には栄養不足で流産や死産になることもあるのです。

 

分娩が成功したとしても、先天性異常を抱えている場合があり、その後の人生にも大きく影響することがあるのです。たかが葉酸の接種と思っているかもしれませんが、痕で後悔するよりも気つけて避けるものを自分でフォローすることが、これからの生活には必要です。

 

特に妊娠をしている場合には、子供の人生を母親の健康が左右することがあると感じるべきなのです。妊娠から出産までの時間は、子供が育つために母親の中の栄養を頼りにします。つまり、母親が健康で居続けなければ、子供をお腹で育てることは不可能なのです。

 

妊娠・出産を無事に迎えるためにも、葉酸不足を解消することは重要なのです。特に他の栄養もバランスよく含まれているサプリメントは、生活上摂取が難しいものを効率よく吸収できるのです。

 

葉酸はいつから飲むのが大事?

 

「葉酸とはいつから飲むのが大事なんですか?」私の大学時代の後輩が妊娠したばかりの頃に、葉酸についてよく相談をされました。

 

私は既に二人子供を出産していたので、やはり聞きやすかったのかな。

 

後輩も元気な子供を産みたいと思っていて、葉酸を摂取したいと思っていたようです。

 

でも、育児書なんかを読むと、妊娠3、4週の頃が神経管が形成される時期で、妊娠が発覚した時期に飲み始めても手遅れだという記述を見て、不安になってしまったそうです。

 

確かに葉酸とはいつから飲み始めるものなんですかという疑問は、みんな持ちますよね。
妊活中から飲んでいる人は別として、普通の人は妊娠に気づいてから葉酸を飲み始める人が圧倒的ですからね。

 

もう手遅れなんて書かれていると、それだけで買う気がなくなってしまうのはわかります。

 

でも、葉酸って実は神経管障害だけに効果があるのではなく、妊娠初期には『流産予防』にもなるので、決して妊娠が発覚してから飲み始めても、遅いなんてことはないんです!

 

また、産後は母乳不足にもなりやすいので、葉酸を飲んでおくと良いんです。

 

母乳が足りている人は、産後まで飲む必要はないかもしれませんが、人によっては産後も十分お世話になりますので、一概に『妊娠初期まで』とは言えないですね。