葉酸サプリを飲む目的

 

葉酸サプリをいつまで飲む方が良いのかは、目的によって違うと思います。
葉酸サプリに神経管障害の予防を期待している人は、いつまで飲むのか悩んだら妊娠初期まで良いと思います。

 

ただし、葉酸サプリを貧血予防やダウン症などの障害予防目的で仕様するつもりであれば、出産まで飲み続けたほうが良いですね。
私は、ダウン症の予防で葉酸サプリを飲んでいたので、出産まで飲み続けました。

 

あんまり高い葉酸サプリを使っている人は、やっぱり続ければ続けるほど、葉酸サプリにお金がかかり、「早くやめたい」と思う人もいます。
出産まで葉酸サプリを続けるつもりであれば、やっぱりあんまりにも高額な葉酸サプリは使わないことが大事です!

 

逆に、1、2カ月くらいしか葉酸サプリを使わない予定であれば、ちょっと高級でも品質重視で選んでも良いと思いますしね。
私は長期で使用するつもりだったので、ピジョンのような千円前後で購入できる葉酸サプリに決めました!
毎月千円だから、お財布にもやさしく、使い続けることができて良かったです!

 

毎月5千円以上かかる葉酸サプリだと、かなり経済的な負担が大きくなってくるので、少しでも節約するためには定期便を利用した方が良いと思います。

 

 

妊娠初期こそ飲むべき葉酸

 

妊婦になってから勧められた葉酸ですがいつから飲み始めていいのかわからず、何となく妊娠初期に飲んでいました。
でも、後になって葉酸のことを調べてみたら実は妊婦がいつから飲むべきかというと、妊活時期からなんですってね。

 

無脳症や二分脊椎症を引き起こす神経管の障がいは、妊娠3週目前後に決まるため、妊娠発覚後に葉酸サプリメントを飲み始めても、あんまり予防効果がなくなってしまうのです。

 

特に近年の研究で、二分脊椎症は、男性が葉酸不足だと確率が上がるとも指摘をされています。

 

女性だけが葉酸サプリメントを飲んでいれば神経管障害を予防できるのものではなく、男性も葉酸サプリメントを飲んでちゃんと栄養バランスを考えていないと、なかなか予防できないというのが現実です。

 

そのため、神経管障害の予防に本気で取り組むのであれば、妊娠前からしっかり取り組むことが大事ですね。
デキ婚などで予期せぬ妊娠をした場合は、妊娠前から対策することは難しいので、やっぱり普段の食生活を気を付けることが役立ちますね。

 

栄養バランスをちゃんと考えていれば、葉酸不足にはなりにくいですしね。
葉酸は納豆なんかの豆類にも多いそうなので、毎日納豆を食事に取り入れてもよさそうですね。

 

 

子供を産む人には葉酸サプリ

 

初産は妊娠についての知識が足りないから、後になってから後悔することが結構多いんですよね。
私も実は、「やっちまったな~」ていうことがありました。

 

葉酸サプリは妊娠中ならいつからいつまで飲んでも、効果は変わらないと思っていたのです。
でも、厚生労働省が推奨している、葉酸サプリの期間はあくまで【妊娠初期】なんですね。

 

母乳不足やダウン症、貧血の予防のためにはいつまで飲んでも良いそうですが。
厚生労働省が推奨している神経管障害の先天性異常の予防のためには、妊娠3~4週目までに葉酸を摂取することが大事みたいですね。

 

でも、私が妊娠発覚をしたのが7週目だったので、私が葉酸サプリを飲み始めた時には、とっくに大事な期間を過ぎてしまっていたのです!
葉酸サプリを購入した後に、その事実を知ってしまい、「ええ~!買っちゃったよ~」って、すごくがっかりしたことがありました。

 

でも、妊娠中に貧血にもならず、赤ちゃんも障害をもつことなく生まれてきてくれたことを考えれば、葉酸サプリを飲んでいて、やっぱり効果があったのかなって思います。

 

また子供を産むことになったから、今度こそ、妊娠前から葉酸を飲み続けて、神経管障害の予防に役立てたいと思いました!