厚生労働省推奨のモノグルタミン酸葉酸とは

 

健康な妊娠生活を続けるために必要と言われている葉酸ですが、その葉酸には「モノグルタミン酸葉酸」と、「ポリグルタミン酸葉酸」という2種類があるのを知っていましたか? 

 

このうち、厚生労働省が推奨しているのは「モノグルタミン酸葉酸」です。

 

2つの葉酸の違いを知り、どちらが良いのかを検討しましょう。

 

 

2つの葉酸の大きな違いは?

 

まず、2種類の葉酸の違いはどこにあるのでしょうか。

 

「ポリグルタミン酸葉酸」とは、「食品に含まれている天然の葉酸」のことです。ホウレンソウやレバー、ブロッコリーなどに含まれています。

 

これに対して、「モノグルタミン酸葉酸」は、「加工された人工的な葉酸」「つくられた葉酸」です。

 

これが、2種類の葉酸の最も大きな違いです。

 

 

消化吸収率の違いでモノグルタミン酸葉酸に軍配!

 

2つの葉酸の違いだけを見ると、「天然モノのほうが良いに決まっている!」という印象を抱きがちですが、厚生労働省が推奨しているのは、人工的な葉酸、「モノグルタミン酸葉酸」です。なぜでしょうか?

 

それは、2種類の葉酸で、消化吸収率に大きな差があるからです。

 

天然のポリグルタミン酸葉酸は、消化吸収率およそ50%と言われています。つまり、食品から葉酸を一所懸命に摂取したとしても、体内で「使える」のは50%です。

 

一方のモノグルタミン酸葉酸は、消化吸収率が85%と考えられており、結果として食品から摂取するポリグルタミン酸葉酸よりも、モノグルタミン酸葉酸のほうが効率よく体内で「使える」ことになります。

 

 

サプリメントに含まれる「モノグルタミン酸葉酸」を上手に利用!

 

ポリグルタミン酸葉酸は、ほうれん草やレバーから摂取することができますが、サプリメントなどに含まれているのは、ほとんどが厚生労働省が推奨するモノグルタミン酸葉酸です。

 

実は、ポリグルタミン酸葉酸も、様々な消化酵素の働きで、体内でモノグルタミン酸葉酸に変換され、からだの中ではこのモノグルタミン酸葉酸を吸収して使っているのです。

 

そう考えれば、サプリメントなどで最初からモノグルタミン酸葉酸を摂取することは、吸収率も高く、非常に効率の良い方法と言えるでしょう。

 

葉酸は、摂取することで胎児の先天性異常リスクを下げたり、健康な妊娠生活を継続する補助となるビタミンです。また、葉酸とともにビタミンB12を摂取することで、妊娠中に陥りがちな貧血も予防できると言われています。

 

サプリメントを上手に利用して、必要量を摂取するようにつとめましょう。

 

 

妊娠中に葉酸が特に必要な時期はいつ?

 

妊娠したら葉酸が必要……とは言われているけど、一体いつ必要なの? 

 

それを知るには、そもそも、葉酸はどうして必要なのかということを、知る必要がありますね。妊娠したら葉酸をいつ摂取すれば良いのか、その時期と理由について、ご紹介します。

 

 

葉酸は細胞分裂に使われるエネルギーのようなもの

 

妊娠中に葉酸が必要なのはなぜで、特に必要な時期がいつなのか……。そのヒントは、葉酸の作用や使い道に隠されています。

 

葉酸は、ビタミンBの一種で、その代表的な作用のひとつが「細胞の再生」です。もちろん、他にいくつかの作用を持っていますが、妊娠期において最も重要な作用がこの、細胞に関するものであると言えます。

 

私たちの体をつくっている1つ1つすべての細胞の中に、DNAが入っているのはご存知のとおりです。

 

DNAはつまり、細胞が分裂(再生)するときに分かち合う遺伝子情報なのですが、葉酸はいわばエネルギーとして、その再生を補助しています。

 

エネルギーが充分にある場合は、細胞は正しい遺伝子情報を維持したまま、再生を繰り返すことができる可能性が高まります。

 

しかし、葉酸不足が起こると、細胞の分裂にあたり、正しい遺伝子情報を維持できない可能性が出てくるのです。

 

大人でも葉酸が不足することによる影響は出ることがありますが、胎児にこの影響があらわれれば、それは先天性異常という形になってしまうことも……。

 

特に妊娠中においては、胎児の細胞分裂は大人のそれと比べものになりません。短期間でハイスピードの細胞分裂を行うためには、通常より多くのエネルギーが必要になります。

 

そこで欠かせないのが、もちろん葉酸なのです。

 

 

葉酸が特に必要なのは妊娠超初期~妊娠初期

 

葉酸の働きを見ると、細胞分裂が活発な時期ほど、特に葉酸を必要とする、ということがわかりますね。

 

そして、妊娠中において細胞分裂が活発なのは、妊娠超初期~妊娠初期です。この時期は胎児にとって重要な機関が形成されると言われている期間であることを知っておきましょう。

 

なかでも妊娠4~7週目までは、「器官形成期」あるいは「絶対過敏期」とも呼ばれています。

 

妊娠前、最後の月経が始まった日から数えて、わずか50日ほどの間です。4~7週目の細胞分裂は目を見張るものがあり、胎児の大きさは0.3mmから、13~16mmほどへと成長を遂げます。

 

 

この時期に、心臓や肝臓などの臓器、脳や脊髄といった重要器官が形成されるのです。

 

もちろん、無の状態から0.3mmまで成長する、妊娠0~4週目にも、細胞分裂は活発に行われています。

 

また引き続き重要な器官形成が続く妊娠3カ月目を含めた、妊娠超初期~妊娠初期は、葉酸を特に必要とする時間と考えて良いでしょう。

 

 

このような現実から、葉酸は、まだ妊娠に気付かない時から摂取しておくのが望ましいと言えます。

 

妊娠の可能性がある人や、これから妊娠を望んでいる人なども、積極的な葉酸の摂取で胎児の先天性異常のリスクを下げたり、あるいは正常な妊娠継続の可能性を高めることができるでしょう。