厚生労働省も推奨している葉酸サプリ


葉酸サプリの神経管障害予防の効能は、医学的に認められており、厚生労働省も葉酸サプリの摂取を推奨しています。
しかし、妊婦さんになってから葉酸サプリを飲んでも効果はあまり期待できないのです!

 

というのも、妊婦が葉酸サプリを利用して神経管障害の予防をするのであれば妊娠前からが効果的だと言われています。
飲むタイミングを間違ってしまうと、せっかくの有効成分も、無駄になってしまいます。

 

神経管障害を患うと、無脳症のような症状を引き起こし、例え無事に出産することが出来たとしても、短命になってしまいます。

 

本当は、葉酸サプリに頼らなくても普段からしっかり食生活を送っている人は、食事からも葉酸の摂取ができますので、極端な葉酸不足に陥る可能性は少ないと思います。

 

やはり葉酸不足を気にしないといけないのは、やっぱり好き嫌いが多い人です。

 

葉酸が多く含まれている食品として、ほうれん草や枝豆などが有名ですが、野菜嫌いな人にとっては、なかなか1日に必要となる400μgの量を摂取するのは大変です。

 

野菜は価格も高騰しやすく、続けているとなかなかお財布が痛くなるので、やっぱりサプリメントの方が圧倒的にお得です。
葉物野菜は、特に高騰しやすいので注意が必要ですね。

 

 

葉酸サプリの摂取量


ベルタ葉酸サプリって良いことばかり書いてあるけど、副作用とかはないのかなって、ちょっと疑ったことがあります。
その時に気になってしまったのが、ベルタだけではありませんが葉酸サプリの過剰摂取によって『赤ちゃんの喘息の可能性がUPする』という副作用。

 

無症状などの神経管障害の予防に効果があるのは有難いですが、生まれた子供が喘息になるのも考え物です!
通常、副作用が出てくるのは1日に1000μg以上らしいですが、やっぱり遺伝による部分もあるのでしょね。

 

自分の身内に喘息者がいる場合は、葉酸の副作用だけが原因とは言えないと思います。
でも、身内に誰も喘息者がいないのに、いきなり喘息になってしまう場合は、もしかしたら、葉酸の過剰摂取による喘息の可能性もあるようです。

 

サプリメントは1日400μgだとしても、たまたま葉酸を含む食品を毎日大量に摂取している場合、1日に1000μg以上摂ってしまう可能性があるかもしれませんね。

 

ただし、食品から葉酸を1日に1000μg以上摂取するのは、かなりの量が必要になりますので、普通の食生活を送っている人であれば、まず超えることはないと思います。

 

何事も、ほどほどが一番ということですね。

 

 

メリットが大きい葉酸


女性は葉酸について知っている人が多いですが、男性は葉酸とはなにか答えられない人の方が多いと思います。
というのも、葉酸は女性が使用する方がメリットが大きいからだと思います。

 

勿論、男性にとっても効果がある成分ですが、女性が日常的に抱えやすい『更年期障害』『生理不順』『肌の悩み』『妊娠中の先天性障害』などを解決するのに役立つからだと思います。

 

男性の場合も前立腺がんの予防などに効果があると言われています。
男性も女性にもメリットがある成分なので、葉酸は一家に一個あると、共有して飲むことができるので非常に便利ですね。

 

不妊治療をしている夫婦でも、最近は奥さんだけではなく、男性にも飲んでもらうことが多くなっているようです。
やはり不妊の問題は、男性だけとか女性だけの問題ではなく、二人の問題なので、一緒に問題解決に向けて、葉酸が役立っているという話を聞きます。

 

また、病院に通う前に、やっぱり自分達で出来ることは全部しておきたいっていう人にも、人気がありますね。

 

不妊治療となれば、それなりにお金がかかってきますから、だったらまずは葉酸のサプリメントから始めたほうが、金銭的にも良いんじゃないかっていう気持ちもあります。