エーエフシー葉酸が必要なわけ

 

妊娠中にとても重要になる栄養素といえば、葉酸です。
大切な栄養素である葉酸ですが、胎児の成長をサポートするのはもちろん、発育不全や奇形のような胎児のリスクを予防するうえで欠かせないのです。

 

もちろん、葉酸というのは食べ物で摂取することも可能なのですが、
エーエフシー葉酸のようなサプリメントによって摂取した方がつわりによって食欲のない妊娠初期の妊婦産であっても手軽な方法であるといえます。

 

しかし、どれだけ必要な栄養素だとしても多く摂取し過ぎると良いことはありません。
基本的に、葉酸は水溶性のビタミンになりますので、余分に摂取したとしても尿と一緒に排出されますので摂取しすぎ、という状態にはならないのです。

 

ただし、葉酸を過剰に摂取してしまうと、アレルギーに悩まされることがありますので、その点については注意をしなければなりません。
また、摂取しすぎてしまうと、歯や筋肉の形成に関係する亜鉛の吸収を阻害する作用がありますので、過剰に摂取しすぎてしまうことはないように注意してください。

 

普段の生活の中で手軽に摂取できるだけに、サプリメントを過剰に摂取してしまうことがありますので、その点については十分に注意しておいてください。

 

 

 

葉酸の生体利用率

 

何かを体内に取り入れた時、100%が使われるかと言ったらそうではなく、使われない部分も出てきます。
どれだけ利用する事ができたか、それを示すものが生体利用率です。
サプリメント等を利用する場合も、この生体利用率について良く理解しておく事が重要です。

 

妊娠や貧血、さらに体のバランスを整えると言った点から摂取する野が好ましい物の一つが葉酸サプリでしょう。
葉酸はビタミンの一種で、大豆やほうれん草の中に豊富に含まれていますが、加熱調理をする事で減ってしまいます。

 

またダイエットなどをしていると食べ物の摂取量自体が減ってしまい、結果的に葉酸不足に陥ってしまっている人も珍しくありません。
葉酸サプリはそういった葉酸不足を解消する事ができる物として注目を集めています。

 

ただここで気を付けたいのは葉酸の生体利用率です。
葉酸サプリの原料となってる葉酸は、天然の物と人工の物の2つがあります。

 

天然の物は大体50%程度、人工の物は大体85%程度の利用率となっているので、両者を同じように摂取する事はできません。

 

葉酸は不足しても良くない物ですが、過剰に摂取する事で食欲不振やむくみ、皮膚へのアレルギー反応などが出る可能性が出てくるので、製品に記されてい用量を守って正しく利用する事が重要です。

 

 

私が選んだ葉酸サプリ

 

私自身が幼少期にひどいアトピーだったため、妊活をする時は細心の注意を払いました。
アトピーは遺伝してしまうリスクが高いため、少しでもそのリスクを下げるため、良くないとされることは控えていたのです。

 

そして健康で元気な赤ちゃんを授かれるよう、妊活の時点で葉酸サプリを飲んでいました。
葉酸サプリ選びには長い時間を要しましたね。

 

ネットでは合成葉酸は危険という意見もあるし、反対に天然葉酸は吸収率が悪く葉酸が不足してしまうという意見もありました。
安全性を考えれば天然葉酸がベストですが、十分に吸収できず不足してしまっては本末転倒です。

 

かなり悩みましたが、最終的には合成葉酸サプリを選びました。
ただ合成にも石油などの化学物質を使用したものと、食品から抽出した葉酸を変換したものとで分かれます。

 

化学物質を妊活中に摂取するのは不安だったため、天然由来の合成葉酸サプリを購入。
他のサプリと比べコスパは良くないですが、安全第一なので安さより質を選びました。