あなたの貧血は葉酸不足が原因かも!?


貧血って、大病のサインになっていることが結構あるんですってね。
白血病なんかも、前兆として貧血が多くなるそうですが。

 

ただ、白血病の場合は、出血が止まりにくくなるなどの他の特徴もあるそうですから、
やっぱり貧血だけでは白血病と判断するのは難しいようですね。

 

でも、貧血は白血病以外にも色々な種類があります。
例えば、葉酸欠乏による、小球性貧血を起こす。

 

そういう場合は葉酸サプリメントの摂取が有効になります。
一番嫌なのは、やっぱり原因不明の場合だと思います。

 

「葉酸欠乏による、小球性貧血を起こす。」と診断されれば、葉酸摂取で対応したり、具体的な対策が取れますが。
原因不明の場合は、なかなかそういうこともできませんので、改善が難しいです。

 

また、妊娠中とかダイエット中とか、貧血が起こりやすい状況に身を置いてる場合はそういう期間が過ぎれば元に戻る可能性がありますので、ある程度の予測ができます。

 

白血病のような大きな病気になってしまうと、やはりもうサプリメントでは改善できないので、
ちゃんとした病院でしっかり治療を開始する必要があります。

 

「貧血くらい大したことがないよ」と思っていると、後になって後悔することになるかもしれません。

 

 

 

食生活が乱れている人は葉酸が必須


男性って、料理をしない人が多いせいか、『楽に食べられるモノ』が好きな人が多いなって思います。
ラーメンとか牛丼とか好きな男性は多いですよね。

 

うちの主人も、お昼によく食べるようで、自宅での食事は、出来るだけ丼ものにならないように気を付けています。
やはりお昼に簡単な食事をすることが多いと、朝食や夕食で、栄養バランスを補わないと、食生活が偏ってしまいます。

 

スポーツ選手ではないけど、やっぱりサラリーマンだってしっかりご飯を食べないと、健康に悪いですからね。
人によっては葉酸欠乏による、小球性貧血を起こす。

 

サラリーマンやOLでも、営業職の人は1日中外に出て、昼間に動いているケースも多いので、昼間に手軽でたっぷりボリュームがあるラーメンや丼は人気が出るのも仕方ないのかなって思いますが。

 

特に独身男性で自炊をしない人は、その食生活を朝食でも夕食でも続けてしまうのでタチが悪い。
体調が心配な人は、まずは食生活を見直すだけでもかなり変化があると思います。

 

病院で貧血の原因が「葉酸欠乏による、小球性貧血を起こす。」と断定された人は、葉酸サプリメントなどを飲んで対処しないとダメですね。
でも、原因が特定できればそれだけ安心ですけどね。

 

 

 

葉酸は赤ちゃんを元気に産むための一つの方法


妊娠中の食事制限ほど、私は辛いことはありませんでした。
これもみんな肥満がいけなかったんですけどね。

 

元々肥満体型で、妊娠中の体重増加が激しい人は、産院によって厳しい体重管理が入ります!
すべては赤ちゃんを健康に産むために必要な行為なのですが、まあ看護師さんも同性のせいか、言葉がきついきつい・・・。

 

妊娠中の体重管理というのは、基本的に小さなメモ帳の様なものを渡されて、
次回の妊婦健診までに食べた食事内容を記録するというもの。
そこで体重増加が激しかった場合は、「肉が多い!」「炭酸飲料の飲みすぎ!」とか、小姑のようにうるさい指導が入るわけです。

 

看護師さんってもっと優しい物だと思っていたけど、うちの産院の看護師さんは、本当に手厳しかった!
でも、そのおかげで妊娠中毒症にもならないで、無事に健康な赤ちゃんを授かれたのですから、愛のムチだったのかな・・・と今は思うことができます。

 

ただ、つわりの時期はさすがに食欲が落ちてしまい、妊活の時期からずっと飲んでいた葉酸サプリメントすら飲めなくなり最初は葉酸の取りすぎ症状による嘔吐かなって思っていました。

 

ただ、妊娠検査薬で陽性反応が出て、嘔吐が葉酸の取りすぎ症状ではなく、つわりとわかった時には嬉しかったですけどね。