妊娠のための備えに葉酸サプリが利用される理由


妊娠のための備えを行う女性が増えている中で、体の健康を見越して葉酸サプリを服用するケースが増えています。

 

やはり、母体のみならず、胎児にもプラスの効果があるとされており、欠乏によって色々なリスクが出現する可能性があるため、意識的な摂取が行われるようになっています。

 

アメリカでは1日に400μgの摂取が推奨されており、積極的にサプリメントが利用されています。日本でも厚生労働省が葉酸摂取の必要性を推奨したことから、どんどん意識的に取り込むというスタイルが浸透しています。

 

葉酸が足りないと、悪性貧血を起こしたり、最悪の場合には胎児に先天異常をきたす場合があります。母体の栄養をもらって成長する胎児が飢餓となれば、健康状態が低下するのも当たり前です。

 

ビタミンB群に属する葉酸は、食事からの摂取はもちろんのこと、1日の必要量を満たすためには補助的手段を使う必要があります。

 

それが、葉酸サプリなのです。効率的な摂取には大きく貢献してくれるため、多くの女性が妊活の一つとして葉酸サプリを取り入れるというのが浸透しています。

 

やはり、いかにして健康な子供を産むかが注目されており、母子ともに健やかでいるための条件を満たすためにも、葉酸サプリが利用されているのでしょう。

 

 

葉酸はいつまで飲む?


最近、葉酸というサプリメントが流行っています。このサプリメントは日本人に欠乏しがちな栄養素を補うものとして多くの人に飲まれるようになっています。

 

特に、妊活しているカップル、妊娠中、授乳時期のお母さんに最適なサプリメントと言えます。
葉酸は厚生労働省でも推奨しており、受精や着床をスムーズにしたり
胎盤や子宮内膜を安定させ赤ちゃんの成長を健やかにするものとして多くのお母さんに飲まれています。

 

葉酸サプリを妊活で持ち、いつの時期まで飲むべきかと困惑してしまいます。
しかし授乳中の飲んでいても赤ちゃんに悪影響を及ぼす心配は一切ありません。

 

むしろ豊富な栄養の母乳を飲ますことができ、丈夫に成長することが期待できます。
また葉酸サプリメントは妊活の人だけに限らず、更年期障害の人にも最適なサプリメントなのです。

 

子宮がんや子宮内膜症などのリスクを軽減することが期待でき、更年期障害の緩和にも一役買ってくれるのです。
また男性が愛飲することで、精子の活動を活発にし、妊娠しやすい体質に導くことができます。

 

このサプリメントは性別や年齢に関係なく幅広い層の人に最適なサプリメントであり、健やかな体に導いてくれるものなのです。

 

 

葉酸の過剰症


葉酸はDNAなどの核酸の合成や細胞分裂を促す作用を持っており、また妊娠中は胎児が健康に成長するために必要な栄養素だといわれています。

 

この葉酸は体内では作り出せないものなので食事やサプリメントで摂取することになるのですが、体に必要な栄養素だからといってあまりにもたくさん摂取してしまうと葉酸過剰症になってしまうことがあります。

 

成人男女が1日に摂取する葉酸の推奨量は200μgで妊娠中は400μgになっていて、この推奨量の上限を多少超えたぐらいでは不要物として尿と一緒に排出されるのですが1~10mgという過剰な量を摂取してしまうと、発熱・じんましん・かゆみ・呼吸障害などの症状が出る葉酸過敏症を引き起こす可能性があります。

 

また悪性貧血などの原因となるビタミンB12欠乏症かどうかの判断を難しくするため、診断の遅れによる症状の悪化なども引き起こします。

 

ただ葉酸は水と熱に弱い栄養素なので水洗いや加熱調理によって約半分の量が失われますから、食事でとる分には過剰症になる心配はほとんどありません。

 

しかし葉酸サプリなどで摂取する場合は1粒や2粒で400μgが摂取できてしまうため、たくさん服用してしまうと過剰症につながりやすくなりますので注意が必要です。