育児雑誌で勧められている葉酸

 

私は妊娠中によく妊婦さん向けの雑誌を読んでいました。
その時に葉酸サプリのベルタの評判が見つけて、「いいな~」と思ったんです。

 

ちょうど妊娠初期って、葉酸サプリメントを飲む飲むのに良い時期でしたしね。
そこで、葉酸サプリのベルタが欲しくて薬局まで行ったのですが、最初のお店では見つからず。

 

駅前の大きなドラッグストアだったら売っているかなって思って、2軒目に行っても見つからず。
更にロフトや百貨店まで足を伸ばしてしまいました。

 

それでも、葉酸サプリのベルタを薬局で見つけることができず、家に帰って販売店を探してみたんです。
そうしたら、葉酸サプリのベルタって一般薬局では販売していないことが判明!

 

私の苦労が無駄だったと知り、がくーーーんと疲れてしまったのを覚えています。
やっぱりほしい物がある時は、ちゃんと販売店をチェックしてから買い物に行くべきですね!

 

私はてっきり、薬局でも売っていると思っていました。
ネット専売商品だったら、「自宅で簡単に買えたのに~」とすごく後悔をしました!

 

でも、妊娠・出産向け雑誌を読むと、それだけで商品が色々と欲しくなってしまいますね。
洋服とかも、雑誌を参考に本当にお世話になったな~って思います。

 

 

葉酸とアルコール

妊娠中にお酒を飲む方というのは非常に少ないとは思うのですが、妊活中ならお酒を飲むこともあるかもしれません。
お付き合いで飲まなければならない、ということもあるでしょう。

 

しかし、エーエフシー葉酸を使用して葉酸を補給しようと考えているにも関わらず、
お酒を飲んでしまうというのでは意味がありません。
アルコールを摂取した後に葉酸サプリメントを摂取すると、葉酸の吸収率が非常に悪くなってしまいます。

 

さらにお酒を飲むことで利尿作用が働いてしまい、せっかく摂取をした葉酸でも体外へどんどん排出されてしまうのです。

 

一番良いのはやはりお酒を飲まないようにすることです。
お酒を飲む習慣のある人であれば、常に葉酸不足に陥っていると考えて良いでしょう。

 

そして妊娠力の低下、生活習慣病の原因になることがあります。
では、そもそもどうしてアルコールがいけないのでしょうか。

 

妊娠中にアルコールを摂取することによって胎児性アルコール症候群と呼ばれる障害が赤ちゃんに発生する可能性があるのです。
胎児性アルコール症候群が発症してしまうと、形態異常や脳性麻痺、学習障害にてんかんといった症状を持って生まれてくるのです。

 

そのような障害の発症を未然に防ぐためにも、禁酒と葉酸の摂取を心がけるようにしましょう。

 

毎日摂ることが大切な葉酸

葉酸の栄養素は、毎日摂取するのが大切と言われています。
食事で野菜類から摂取していれば、葉酸が足りなくなるとははまずありません。

 

しかし葉酸の特異性として、水に溶けやすい性質であることは、
若干弱点かもしれません。光と加熱には、弱いという一面を持っています。

 

スープに野菜を入れるにしても、葉酸たっぷりのほうれん草を入れると、たくさんの葉酸成分は、水分の中に溶けてしまいます。

 

そのため、汁物での調理では、スープごと食べるのが大事です。熱や光で葉酸は失われやすくなります。
購入してきた野菜類は、すぐに冷蔵庫で保存をして、サラダなどフレッシュな状態で食べましょう。

 

加熱には強くないですが、炒めた理するなら、軽く火を通す程度にするといいです。

 

葉酸の成分は野菜などで摂取しても、体内へは蓄積がされにくい栄養でもあります。日常の食生活から、十分な量を摂取しにくい栄養でもあります。

 

蓄積しにくいからこそ、こまめに毎日摂取することが大切となってきます。食事では十分な量を摂取できないようであれば、葉酸サプリでの摂取が、心強いサポートになってくれます。

 

妊娠する前から、妊娠は関係ない人も、日常的に葉酸サプリで葉酸を摂取しておくといいでしょう。