葉酸サプリをいつまで飲むかはその人次第!?

出産が終わると、女性は「はぁ、一段落!」ってなりませんか?

 

すぐに怒涛のような日々は始まってしまいますが、私は出産した日は、「これでお腹が楽になったな~」ってすごくすっきりした気分になりました!

 

これまでつわりなどで体調が悪かったことも多かったので、妊娠期間が終わったことで、私は楽になりました。

 

そんな時、同時にふと疑問に思ったのがいつまで葉酸サプリを飲み続ければいいかってこと。

 

友達から大量に葉酸をプレゼントされたので、出産した時にはまだまだ残っていたんです。

 

いつまで葉酸サプリを飲めば良いか、パッケージには書いていなかったので、どこまで飲もうか悩みました。

 

一応、子供の障害や母体の貧血予防という意味では、妊娠3カ月くらいまで飲むのが必要って言いますけどね。

 

実際にいつまで葉酸サプリを飲む方が良いのかっていうと、葉酸には母乳の元になる血液を増やす効果がありますので、授乳中も引き続き飲んだほうが良いって言われています。

 

特に母乳不足になっている人は、積極的に葉酸を摂取してみると、悩みが解決するかもしれませんからね。

 

授乳中も無添加サプリだったら安心ですからね。

 

心配な人は、医師に相談してから飲んでみると、良いと思います。

 

葉酸サプリはいつまでに飲めば良いか知りたい!

初産の時って、本当に知識がなかったな~って思います。

 

初産はとにかく、つわりで自分の体調を管理するだけで精一杯でした。

 

つわりがひどくて、何も食べられなかったので、心配した主人が葉酸サプリメントを買ってきてくれましたが。

 

サプリメントしか飲み込めないほどのひどいつわりで、本当に苦労しました。

 

葉酸サプリはいつまで飲むか考えていましたが、結局はつわりが最後まで続いてしまったので、サプリメントも最後までお世話になりました。

 

きっと葉酸サプリはいつまで飲めばいいとか期限があるわけではなく、母体が必要だと思ったら続ければいいし、十分だと思ったらいつでも辞めれば良いと思います。

 

ただ、葉酸サプリはいつまでに飲めば良いかっていう限定的な話になるのであれば、やはり飲むべき時期は妊娠初期ですよね。

 

 

神経管の形成時期に葉酸が足りなくなってしまうと、二分脊椎症などの障害になる可能性があるので、この時期だけは注意をしたいですね。

 

葉酸には、母体が貧血にならないように、血液UPさせる効果もありますので、貧血気味の人が飲むと良いですね。

 

また、母乳不足の人も葉酸による恩恵は多いので、妊娠中も産後も飲み続ける方が、体調管理に役立ちますね。

 

 

天然でも合成でも自分が納得できるものを選ぶ

はぐくみ葉酸

結局のところ、葉酸サプリメントは天然と合成、どっちで選べないいのか?...というと、こればかりは個人の好みや考え方次第といった面があります。
ただ単純に知っておいて頂きたいのは、天然だから安全、合成だから危険といった解釈事態、危険だということです。

 

ちなみに厚生労働省が推奨しているのは、あくまで合成葉酸を摂取する場合を想定した葉酸の摂取量になります。

 

 

400μgという量を定期的に確実に摂取するためには合成葉酸の方が合理的であることには違いなく、また質厳密な品質管理のもと作られたサプリメントならば逆に未知のものは含まれていないとも言えます。

 

 

仮に人工的に作られたものに対して嫌悪感を抱かれるようであれば、日常で口にするもの全てに対して注意を払わなくては意味がないということも理解して頂きたいところです。

 

 

食べ物、飲み物、調味料に至るまで、人工的なものは含まず、天然なものを口にするということは大変に難しい食生活になるのではと感じられます。

 

それでもやっぱり葉酸は天然のものにこだわりたい!と考えるのであれば、迷うことなく天然葉酸を撰択すれば良いと思います。
精神的に信じられないと思うものを摂取し続けることは、心にも身体にも良い影響を与えないはずです。

 

 

ただ、赤ちゃんに直接影響するのは葉酸だけではないということも頭に置いておいてください。

 

お母さんが口にしたもの、身体に吸収したものは、血液を通して赤ちゃんの血肉となり、赤ちゃんの成長を促していきます。

 

葉酸はあくまでその過程を正常に促すための栄養素のひとつに過ぎないのです。

 

何より、目先の売り文句には惑わされることなく、天然のものであれば天然のメリットを、合成のものであれば合成のメリットをよく見極めた上で、自分なりに納得のいく葉酸サプリメントを選んで頂けたらと思います。